MENU

涙あり感動あり…今年も○○がやってきた!!

2019年 02月 27日


 

2月は子ども達があることに敏感になる月…

なぜ敏感になるかというと!

毎年鬼が子どもたちの、《よわい心を追い出す》ために、保育園に予告なくやってきます!

 

今年も鬼は急にやってきました。

こあら組~とら組みんなで楽しく合同リズムをしていると……

 

resize0001

 

「ドンドンドン!!」太鼓をたたいて鬼がきました!!

さっそく鬼に持ち上げられてしまう子が続出!!

 

resize0002

 

連れていかれそうになる子も!

 

resize0003

 

帰る気配のない鬼は、子どもたちのお昼寝用ベッドに寝転がってしまいました!

 

resize0004

 

「今日はみんなとお昼寝もして、おやつも食べる」と言っている姿を見て、子どもたちは絶望…

もう、動くこともできないと、固まっていると、

ひとり、年長の子が勇気を振り絞って立ち上がりました!!

 

resize0005

 

子どもたちよりも身体も、顔も随分大きい鬼に立ち向かうことは、

本当に勇気のいる行動です。

思わず、みんなから「○○くんがんばれー!!」と声援が上がりました。

よわい心を追い払い、みんなのためにも戦います。

 

resize0006

 

お友だちが戦っているのを見て、

自分も行かなきゃ…けど、怖い…

と、心の中で葛藤している子どもたち。

 

resize0007

 

次はだれが…?と思っていると、

今度は2人で力を合わせて立ち向かいました!

 

resize0008

 

その後も1人で戦う子もおり、

 

resize0010

 

戦いに行った子は鬼から「よく頑張った」と、

握手をしてもらいました。

 

resize0009

 

鬼は、ただただ子どもたちを怖がらせるために来ているのではありません。

子どもたちのためを思って来ているので、本当は優しい鬼。

 

それでもまだまだ鬼は帰りません。

鬼は、最後まで残っている子に「なんですぐ戦いに来ないんだ!」と、座り込んでしまいました。

 

resize0011

 

そして1人の子が連れ去られてしまいました!!

 

resize0012

 

そんな大惨事を見て、

年中・年長の子どもたちが、

みんなで手を繋ぎ、重い腰を上げて…

 

resize0013

 

お友だちを返してもらいに行きました。

 

resize0014

 

「○○くん返してもらいに行かんと!」

「みんなで返してって言おう」

「みんなで行けば大丈夫!」

と、団結して鬼に向かい、お友達を助けに行きました。

 

resize0015

 

子どもたちだけでどうすれば返してもらえるのか考え、

力を合わせて立ち向かう姿は、

日々の生活の中にも、よくあらわれる光景であり、

色々なところで活かされているなあと、感動しました。

 

最後は代表して、

連れ去られそうだった子が鬼と戦いました。

 

resize0016 resize0017

 

ずっとお兄さん・お姉さんたちが勇気をだして戦っている姿を

ぱんだ・くま組もじっと見守っていました。(来年はどうかな?)

 

resize0021

 

子どもたちは鬼とたくさんお約束をし、

鬼は「いつも山からみんなのことを見ているよ」と言って、帰っていきました。

 

resize0019

 

《よわい心》を追い払い、《つよい心》に変えてくれた鬼に、

「おにさんありがとう」と感謝を伝え、さよならをしました。

 

resize0020

 

節分行事を終え、たくさんのつよい心を持つことができた子どもたち。

今では、3月の大舞台、発表会に向けて

さらに日々、一生懸命活動に取り組んでいます!!

 

 

 

 

 

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31